『耳をすませば』の舞台をめぐる

耳丘
(ひみつの場所)

眺望1

ひみつの場所(耳丘)からの眺めです。
(上演開始から1時間44分)

地球屋からの眺めに近い、といったほうがいいかもしれません。

モデルとなった本当の「ひみつの場所」は、神奈川県川崎市多摩区の「読売ランド」だそうで、ここで日の出のロケをしたそうです。

眺望2

夏は陽射しが厳しく、冬は冷たい風が吹きすさむ。

キツイ斜面なので足元には注意しましょう。 そしてゴミは各自もって帰りましょう。

耳ノート

耳ノートです。ビニール袋の中に入っていて、ぶら下がっています。
NWO−KENさんという方が始められたそうです。

絵羽純さん提供